ご挨拶・領域概要

領域名:ゆらぎの場としての水循環システムの動態的解明による水共生学の創生

ご挨拶:領域代表 荒谷邦雄(九州大学 比較社会文化研究院 主幹教授)

領域代表者写真

水は全ての生命の源であり、森林や農地、河川から海に至る流域の生態系には多様な生物が生きづいています。我々人間もまた水インフラや農林水産資源、信仰や文化、レクリエーション、街並や港など水のもつ様々な機能の恩恵の中で暮らしています。
しかし、近年の気候変動によって、豪雨など水に関わる様々な災害が日本各地で頻発しています。また、世界に目を向けると、水不足や水の利用リスクは貧困や教育問題にも直結する大きな課題になっています。
こうした現状にあって、水とヒト、生物が持続的に共生する社会を実現することは、現代社会における極めて重要な課題です。
一方で、従来の水の循環に関する研究は、自然科学の分野において地球規模の普遍性の高い一般事象を追求する傾向がありました。しかし、水危機や水リスクの問題に対しては、地域の状況や環境条件に応じた研究を行う必要があります。加えて、近代以降の人間の活動が水危機や水リスクの大きな要因となっている状況の下では、従来の自然科学分野の情報と人文社会学分野の知を統合する学術分野を横断する新たな学問が必要です。これこそが我々が創生する「水共生学」です。
水共生学では、水環境を地球圏―生物圏―人間圏の三つの圏域のせめぎ合いによって生じるゆらぎを常に内包する「水循環システム」として捉え、このシステムを持続可能な範囲に維持できるように地域の実態に即した将来像の提案を目指します。
異なる分野が協同して課題解決に取り組む水共生学の手法は、現在の世界が直面する様々な課題の解決にも応用できるものと確信しています。

本研究領域の目的

生命に欠かせない水をとりまく環境は、気候の変動や生態系の遷移、水に関わる社会状況の変化など、多様な内的/外的要因に起因する「ゆらぎ」を常態的に内包している。このゆらぎの幅が大きくなると、気象災害の頻発や水資源紛争の発生、生物多様性の喪失など、人間社会や生態系に多大なる影響が生じる。こうした水危機・水リスクを軽減させ、水とヒト、生物が持続的に共生する社会を実現することは、国際的にも重要な課題である。本領域では水をめぐる環境を地球圏―生物圏―人間圏の相互作用によって成立する「水循環システム」と捉え、三つの圏域のバランスの歴史的な変遷や現状の動態を解明し、地域の実態に即した水環境の社会的課題解決への道筋を探り、将来像を提案することを主要な目的とする新たな学問分野「水共生学」の創生を目指す。

水共生学が目指すもの

本領域研究の内容

本研究領域は地球圏(A)、人間圏(B)、生物圏(C)を対象とする三つの研究項目のもとに四つの計画研究班を設置する。計画研究A01は水共生学の創生に向け、水とその周辺環境情報の計測および解析を基に、地球圏―生物圏―人間圏の相互作用を水循環の観点から動態的に理解するための情報の創出と、この情報を他の計画研究で利活用するために必要となる情報翻訳アプローチの開拓を担当する。計画研究B02は過去から現在にかけての水循環システムのゆらぎを、社会文化・歴史の観点から動態的に明らかにし、望ましい水共生社会を創生していく上で守るべき/変わるべき社会文化因子を抽出する。計画研究B03は水資源が希少な地域や水インフラが貧弱な地域において、健康で豊な暮らしを実現するためどの様な水利用の方法が適しているのか、水環境の保全・改善のためにはどの様な管理方策・制度が必要なのかについて、経済学の立場から実証的に分析し、持続可能な水資源ガバナンスの在り方を探る。計画研究C01は、水を巡る自然環境と人間の社会や文化が共生する「流域圏」の基盤となる生態系の特性や生物多様性の実態を把握することで流域圏生態系システムの健全性を評価し、その創出・維持機構や変動要因、レジリエンスを解明することで流域圏社会—生態系における水循環システムのバランスを保全・修復し、持続的に利用する方策を探る。

水共生学の概念図

期待される成果と意義

水共生学の創生により、主要なグローバル・リスクの一つである水危機・水リスクを軽減させ、水循環システムを持続可能なものとする具体的な方策を提示することが期待できる。また、異なる分野が協同して課題解決に取り組む水共生学の手法は、現在の世界が直面する他の課題やリスクの分析や解決につながるビジョンの作成に応用できる。そして、本研究領域の推進や公募研究を通じて、若手研究者の育成や研究者ネットワークの形成、新たな研究テーマの発見に繋がるであろう。

キーワード

水共生学、水共生社会、水循環システム、ゆらぎ、流域圏生態系、文化、水資源、気候変動、水工学、将来像(ビジョン)、社会変容