計画研究A01班

  A01: 水共生学の創生に向けた水とその周辺環境情報の創出と展開

概要

 本計画研究では、領域目標である水共生学の創生に向け水とその周辺環境情報の創出に取り組む。これは地球圏―生物圏―人間圏の相互作用により成立する水循環システムのゆらぎを社会文化の観点から動態的に明らかにするための基礎情報となる。具体的には、1)水文気候シミュレーションによる過去300年を対象とした長期水文気候再現及び将来100年を対象とした将来水文気候予測、2)リモートセンシング等による水を取り巻く周辺環境の計測、3) 観測および数値モデリングによる流域スケールでの水と環境物質動態解明を行い、過去―現在―未来における水とその周辺環境の変化を明らかにする。これらを通じて、本研究計画で得られる水とその周辺環境情報を他研究計画班に提供する。また、地球科学分野におけるデータが有する時空間解像度や確率的な特徴を、生物圏および人間圏における研究に活用しやすい形に変換する、情報翻訳のアプローチについて開拓することにも取り組む。

メンバー

●代表者
渡部 哲史 [京都大学 防災研究所]

【ごあいさつ】

 A01班では水文学を中心とする地球科学分野の研究者を中心に、水循環システムのゆらぎの解明に向けて、水や水を取り巻く環境の過去から現在そして未来への変化について明らかにすることに挑戦します。このためには自然科学の知見を人文社会学や生物学の知見と融合することが重要です。学際研究に対する興味や関心の強いメンバーにより構成されたA01班による水共生学の創生にご期待ください。

●分担者
市川 香 [九州大学 応用力学研究所]
花崎 直太 [国立研究開発法人国立環境研究所・気候変動適応センター]
丸谷 靖幸 [九州大学 工学研究院]
内海 信幸 [京都先端科学大学 ナガモリアクチュエータ研究所]
永井 信 [国立研究開発法人海洋研究開発機構・地球環境部門]
金 炯俊 [東京大学 生産技術研究所]
上原 克人 [九州大学 応用力学研究所]
矢野 真一郎 [九州大学 工学研究院]
駒井 克昭 [北見工業大学 工学部]
中下 慎也 [広島大学 先進理工系科学研究科(工)]
田尻 義了 [九州大学 比較社会文化研究院]
●協力者
水落 裕樹 [産業技術総合研究所地質調査総合センター]
後藤 希 [サントリー水科学研究所]
鄭 峻介 [森林総合研究所]