計画研究班

 水共生学の柱となるのは、水循環システムを地球圏、生物圏、人間圏、それぞれの圏域の相互作用の場として捉え、(1)水循環システム内に生じる結節点の常態的なゆらぎとその歴史的な変遷を、地球圏、生物圏、人間圏それぞれから得られるデータをもとに地域の実態に即して動態的に解明し、(2)得られた研究成果から当該地域の将来像とそこに至る道筋を提示し、(3)現地のステークホルダーとともに持続可能な水循環システムの実現に向けた学術と現場との間の往還関係を構築することの三点である。
 上記を達成するため、本研究領域には、地球圏(A)、人間圏(B)、生物圏(C)を対象とする三つの研究項目のもとに四つの研究計画班を設置する。地球圏を対象とする研究項目(A)と生物圏を対象とする研究項目(C)にはそれぞれ一つの計画研究班を設置しているのに対して、人間圏を対象とする研究項目(B)に二つの班を設置している。これは、現在の水循環システムの在り方に人間圏の活動が大きな影響を及ぼしており、この人間圏での活動を多角的に分析する必要があるからである。
本領域は、①総括班、②5本の計画研究班:A 地球圏(A01)、B 人間圏(B02,03)、C 生物圏(C01)、③学術横断チーム、④公募研究で構成する。
 計画研究が相互に有機的な連携を保ちながら領域推進をする工夫として、本領域では研究期間を前半(初年度~3年度まで)と後半(4年度~最終年度)の二つのフェーズに分けて進行し、各フェーズで各計画研究班の役割や班間の連携手法を組み変える。前半では、各計画研究班において水循環システムの過去から現在までのゆらぎを動態的に捉え、システム内の均衡がどのように推移してきたのかを明らかにする。この過程において各圏域で得られるデータセットを相互に活用する。例えば、遺跡で出土した木材の年輪、過去の新聞記事や伝承情報などを計画研究1に提供し、シミュレーションの精度向上を試み、同時にシミュレーションデータを人文社会科学や生態学において活用することが考えられる。さらに、人文社会科学や生態学によるマイクロスケールの知見から、他の計画研究班で焦点化すべきパラメータや必要となるデータセットの提案を行い、班間で連携して共同研究を推進する。各計画研究は代表者が統括するとともに、設定したテーマに関連する3本のサブテーマを設定して構造化し、それぞれサブテーマリーダーを置く。
 計画研究班の相互連携が一層必要となる後半フェーズでは、計画研究の枠を超えた学術横断チーム(領域代表,計画研究代表,サブテーマリーダーを中心に構成)を組織する。そのチームが中心となって、主に共同フィールドを対象に各計画研究班で得られた研究成果をもとに、持続可能な水循環システムの実現に向けたシナリオの策定と社会実装までを含む、水共生学の創生に取り組む。本領域では、複数の計画研究班が共同して調査・研究・社会実装までをおこなう共同フィールドを複数設定する。主な共同フィールドは、(1)九州最大の河川であり河川交通や河口部の開発、干潟の利用、さらには豪雨災害の頻発など、様々な観点から水循環システムの研究に適した筑後川流域を含む北部九州(特に、近年豪雨災害が発生した佐賀県武雄市)、(2)日本最大のラムサール条約湿地であり、近年の地球温暖化の影響などにより草原化が進みつつある釧路湿原が位置し、道東最大の港を有する釧路市・道東地域、(3) 北海道の港湾都市として発達した小樽、(4) 台風の頻度や強度の変化による影響を強く受け、離島であるがゆえに水資源の確保と水域の生物多様性の保全がトレードオフの関係となっている琉球列島、(5)東南アジア地域有数の国際河川であり、東南アジア最大の淡水湖トンレサップ湖を抱え、周辺諸国の開発の進展により、漁業や生活・工業用水、水力発電などの利用がすすみ、その結果として流域生態系の破壊の危機に直面しているメコン川流域などを対象とする。また、これらの共同フィールドでの成果と経験を、ほかの地域でも適用可能なものとするために、モデル化することも目指す。

 

本領域の計画研究班
本領域の実施計画

本領域では、複数の計画研究班が共同して調査・研究・社会実装までをおこなう共同フィールドを複数設定する。主な共同フィールドは、(1)九州最大の河川であり河川交通や河口部の開発、干潟の利用、さらには豪雨災害の頻発など、様々な観点から水循環システムの研究に適した筑後川流域を含む北部九州(特に、近年豪雨災害が発生した佐賀県武雄市)、(2)日本最大のラムサール条約湿地であり、近年の地球温暖化の影響などにより草原化が進みつつある釧路湿原が位置し、道東最大の港を有する釧路市・道東地域、(3) 北海道の港湾都市として発達した小樽、(4) 台風の頻度や強度の変化による影響を強く受け、離島であるがゆえに水資源の確保と水域の生物多様性の保全がトレードオフの関係となっている琉球列島、(5)東南アジア地域有数の国際河川であり、東南アジア最大の淡水湖トンレサップ湖を抱え、周辺諸国の開発の進展により、漁業や生活・工業用水、水力発電などの利用がすすみ、その結果として流域生態系の破壊の危機に直面しているメコン川流域などを対象とする。また、これらの共同フィールドでの成果と経験を、ほかの地域でも適用可能なものとするために、モデル化することも目指す。

主な共同フィールド